Mt.Fuji92.2km ツアーズ

熱帯◎カジュアル『Mt.Fuji 92.2km』&『スクラッチ ツアーズ』の稽古場ブログです

◆熱帯◎カジュアルVol.2  『Mt.Fuji 92.2km 』◆
2016年10月8日(土)~16日(日) 
作・演出 黒川麻衣
出演  芳賀晶〔熱帯〕/あきやまみみこ/ 北之内直人〔(裸)ミチコイスタンブール〕/秋山想[TBプラネット]
政岡泰志[動物電気]/井内勇希[パラドックス定数]/本井博之/荒威ばる[劇団ジェット花子]

◆熱帯◎カジュアルVol.2.5 『スクラッチ ツアーズ』◆
2016年10月13日(木)・15日(土)・16日(日)
作・演出 黒川麻衣
出演 金沢涼恵/中村たかし[フロム・ニューヨーク]/豊田真吾[デス電所]/奥村香里[熱帯]
松尾マリヲ[ロリータ男爵]/月野木歩美[サモ・アリナンズ] /森田ガンツ[猫のホテル]
芳賀晶[熱帯]/北之内直人[(裸)ミチコイスタンブール]/荒威ばる[劇団ジェット花子]

カテゴリ:スクラッチ ツアーズ > 森田ガンツ

14769728.jpg
『スクラッチツアーズ終了しました』って、言うことは日常生活で言うと『昨日、ガスの元栓閉め忘れました』って言うのとそれほど違いはないようにみなさんは感じるかもしれないですけど、役者からしてみれば、大違いですよ。
だって、考えてもみてください。
会社で朝「おはよう!」のあと、いきなり「昨日、ガスの元栓閉め忘れました」って言われたら、「え?…ああ、そう…。気をつけてね」としか答えようがないけど、「おはよう!」のあと、「スクラッチツアーズ終了しました」って言われたら、「あ!行けなくてごめんね」とか「楽しかったよ。あ!あなたお芝居の途中で台詞忘れてたでしょ?」ってことになるでしょ?
もちろん、これは役者目線の話ですよ。
お客さん目線、さらには「スクラッチツアーズって何?」って言う人が、朝「おはよう!」のあとに「スクラッチツアーズ終了しました」って言ったら、「え?」ですよ。これはもう自信をもって言えますよ。「え?」って聞き返されます。100パーセント。
つまり、わかりやすく言わせてもらえるなら、「スクラッチツアーズ終了しました」って言えるのは、自分がこの芝居に役者として出ていたからで、今の自分はある意味「スクラッチツアーズ終了しました」って言っていい権利を手に入れたと言っても良いのです。
ただ、お客さん目線の「スクラッチツアーズ終了しましたね」については、またいつか、別の機会にあらためてゆっくり話してみたいと思います。
そして、自分のなかにある「昨日、ガスの元栓閉め忘れました」を見つめ直す意味で、今日は本(写真)を買いました。
俺がこの本を読むかどうか、それはみなさんの想像におまかせします。
公演を観にきてくれたみなさん、気にかけてくれたみなさん、どうもありがとうございました!
スクラッチツアーズは終了してます!

6cb0d635.jpg
先日、当日いろいろ手伝っていただく、馬上くん(向かって左)とモンロさん(中央)が来てくれました。
ありがたいこってす。

右に写ってるコケシ妖怪バルーンは、今回の芝居の成功を祈願して花園神社にお参りした時に麻衣さんに取り憑いたらしく、普段は麻衣さんの肩のあたりに生息してますが、これはたまたま、稽古場にあった傘を渡され嬉しがってる写真です(もとは東南アジアの妖怪なので雨が好きらしいです)
このあと、バルーンは馬上くんに襲いかかって生き肝を食べようとしたので、モンロさんが馬乗りになって目潰しをくらわしました。
こうなるとさすがに稽古に支障をきたすので、今週末、陰陽師を呼んでお祓いすることになりましたが、芳賀くんが「芝居に出すってのはどうですか?かわいそうですよ」と言い出して、みんな困ってます。
妖怪バルーンの運命や如何に!

今日、中野新橋のプライムシアターで、荒威ばるさんが出てるお芝居を観てきました。
偶然、作演で出演の馬小屋立上さんとはバイト先が一緒で、普段と違う顔が見れて面白かったです。
それにしても『荒威ばる』という芸名はどうゆう由来なのか、大変気になるところです。
前回、共演した時、何度か聞いてみようと思ったこともあったのですが、そうゆうことってあるじゃないですか?聞いたら負けみたいな。
『ああ、この男は私の、この私の芸名の由来を知りたがってるのね。そんなに私に興味があるの?どこまで知りたいの?私って罪な女…』みたいな。
また、昔、通ってたネパール料理屋のチャイが本当に美味しくって、『たぶん、使ってるミルクに秘密があるはずだ…』とずっと思ってて、『ヨシっ!今日こそどんなミルクを使ってるのか聞いてやろう!』と思って厨房に近づいた瞬間、パックの農協牛乳の文字が目に飛び込んできて、ガッカリと同時に『ああ、聞かなくって良かったなあ』と胸をなでおろしたのを覚えています。
そうなんですよ。人生には知らないほうが良かったと思うことがいっぱいあるのですよ。
とにかく、荒威ばる、猫背椿、市川しんぺー、どんなことがあっても由来だけは一生聞かないでいこうと思っています。