Mt.Fuji92.2km ツアーズ

熱帯◎カジュアル『Mt.Fuji 92.2km』&『スクラッチ ツアーズ』の稽古場ブログです

◆熱帯◎カジュアルVol.2  『Mt.Fuji 92.2km 』◆
2016年10月8日(土)~16日(日) 
作・演出 黒川麻衣
出演  芳賀晶〔熱帯〕/あきやまみみこ/ 北之内直人〔(裸)ミチコイスタンブール〕/秋山想[TBプラネット]
政岡泰志[動物電気]/井内勇希[パラドックス定数]/本井博之/荒威ばる[劇団ジェット花子]

◆熱帯◎カジュアルVol.2.5 『スクラッチ ツアーズ』◆
2016年10月13日(木)・15日(土)・16日(日)
作・演出 黒川麻衣
出演 金沢涼恵/中村たかし[フロム・ニューヨーク]/豊田真吾[デス電所]/奥村香里[熱帯]
松尾マリヲ[ロリータ男爵]/月野木歩美[サモ・アリナンズ] /森田ガンツ[猫のホテル]
芳賀晶[熱帯]/北之内直人[(裸)ミチコイスタンブール]/荒威ばる[劇団ジェット花子]

カテゴリ:Mt.Fuji 92.2km > あきやまみみこ

5b53df19.jpg
終わりました…
いまナゾの筋肉痛に襲われています。
あきやまみみこです。

今回公演のブログの最初に、一年前のアボカドの成長のことを書いたのですが、
それとは別のアボカドが、今回知らないうちに芽を伸ばしていました。
根はずっと前からはってるんですが、
芽はいきなり出て、いきなり成長するんです。
ある朝ビックリがやってくるんですね。

ほのかに嬉しいのとそんなに時間が経ったんだという浦島感で、いま遠い目になっています。

ちなみにうちのアボカドは、いまその2つのみです。むやみに増やしてません。大丈夫です。
いや、自分も新たな芽が出たら良いなぁ、ってね。まぁそんなことです。

今回『Mt.Fuji 92.2km』は2回目の公演ということで、
私も人生で2回目の演劇出演をさせていただきました。
初演の時もそうでしたが、作・演出の麻衣さんには、手取り足取り教えて頂いて、本当にお世話になりました。
また共演者の皆さまにもきっとご迷惑おかけした事と思いますが、皆さん親切に接して下さって、麻衣さんや共演者の皆さま無しにはとても舞台に立てませんでした。感謝しています。

また、2回目の紅川真夜子をどんな人にしようか、というのも楽しみの1つでした。
ちょうど髪が伸びてたので、麻衣さんとご相談して思い切ってパーマにしました。
フラッパーとかソバージュとかいう類いの、バブリーなヤツです。
メイクも80年代引きずる感じに、眉を太くするのに頑張りました。
外国に漠然と憧れがある、ちょっと浅はかなアラフォー(アラフィフ?)を目指しました。
自分だけで生きてたら、一生触れることのなかったセンスで一瞬だけでも生きられて、
また初演とは違う感じでできて、愉しかったです。

写真では分かりづらいですが、ネイルは公演中の麻衣さんと同じものをお借りして付けさせてもらいました。
ほとんど麻衣さんと同年代の真夜子という役は、私とも同年代で、
その年代の女性の、可笑しみ、悲しみ、世間での生き辛さは、正直良く分かります。
そんな気持ちをネイルにも込めてみました。

さて、明日からはこの髪型をどうしようかと、
それがまぁ目下の悩みですかね。

最後になりましたが、お越し頂いたお客様、応援頂いた皆さま、
本当にどうもありがとうございましたー!!

オリンピックが開催される頃、私はまたこの作品を思い出すことと思います。
「日本が一番なんだって!」
(ブルブル)

db41c60b.jpg
ちょっとコレ、この夕日、スゴくないですか?
会場の窓から見える景色なんです。
富士山がシルエットですよ。
シルエット・ロマンスですよ。
ブロンズの風の中 きらめくメモリー ですよ。
窓辺の憂い顔は 装う女心 ですよ。

本番前は自分の年代的にアガる音楽がかかってて、
しかもこの夕日がバーン!で、
鼻歌も飛び出します。

明日(10/15)の『Mt.Fuji 92.2km』は、こんな夕日の時間帯です。
その前後に『スクラッチ ツアーズ』の公演もあります。
『Mt.Fuji 92.2km』の方は1回きりのスタンディング回。
お客さんが好きな場所に移動しながら観られるんです。
自分もドキワクです。

16日にはもう公演が終わってしまいます。
クラスカにてお待ちしております?!

a1859b14.jpg

f377bf4f.jpg

2日目、3ステージ終了しました。
朝は土砂降りだったのに、昼過ぎから雨もあがり…
初めて現場の窓から富士山が見えました!
一堂、感動!!
思いの外、大きかったです。
テンション上がります。

サンセットバージョンの終演時には、真っ赤な空に。
刻々と変わる空がとても美しく見渡せます。
夜景もスゴイんですよ。

『Mt.Fuji 92.2km』は、昼、夕、夜、と3バージョンあります。
是非クラスカへお越しください。
お待ちしております。

bf396c62.jpg
左から、芳賀さん、自分、秋山さん、直人くんです。
なんですかね、この写真。
奇妙な間合いの4人です。

『初演の4人が、たまたま初演時のTシャツで稽古場に現れた』、
“わぁ揃っちゃった! キャッ♪”っていう、ウレシハズカシ写真のはずなんです。

…が、なんか犯罪者が一列に並ばされてるような、
良く言っても、清掃バイトのメンバーが揃って入館証用写真を撮ってるような、
そんな、お互いの気持ちが簡単には交わることのない、
透明の平行線を感じます。
服は同じなのにね。

いや、同じ服だからこそ個性が際立つワケで。
学生服なんか、顔とか体格ばかり際立ちますもんね。
リクルートスーツなんか、きっと個性を見分けやすくする為にあるんだと思います。

あ、話が逸れましたが、
この個性に、また新たな個性が4つ
政岡さん、本井さん、井内さん、ばるちゃん
という超強力個性を迎え、
計8人でこの度の『Mt. Fuji 92.2km』が出来上がります。

今日は通し稽古をしました。
いやぁあのですね、どうぞ観に来て下さい!
きっと、写真とは違う関係がそこにあるので。
新作Tシャツも作りますし、またみんなで着ると思います。
その時はどんな顔で揃って写るかしら。

公演初日まであと1週間余りです。
お待ちしております!

aa9f0695.jpg
mt.fuji チームは、20代が1人、30代が3人、40代が4人という、かなり大人なチームです。
若者のドラマではありません。
大人の会話劇です。
(と私は感じてます)

大人というか、おっとな?☆ というか、
まぁ、大人とは言えど、燻し銀というにはかなり程遠い、
ハンパな、ダメな、それが妙にリアリティのある、現代に生きる等身大の大人です。

昨日の稽古帰りに、そんな燻し要素が浅めの大人たちが揃って、燻製盛り合わせを食べました。
燻製は、どれも素材の味が引き出されていて、味わい深かったです。
なんか泣けました。(嘘)

mt.fuji 92.2km という作品は、空間が主役です。
私みたいな燻しが浅めのハンパな人間も、まるっと受け容れてくれるんじゃないかな。

明日は現場で稽古です。
楽しみです。