Mt.Fuji92.2km ツアーズ

熱帯◎カジュアル『Mt.Fuji 92.2km』&『スクラッチ ツアーズ』の稽古場ブログです

◆熱帯◎カジュアルVol.2  『Mt.Fuji 92.2km 』◆
2016年10月8日(土)~16日(日) 
作・演出 黒川麻衣
出演  芳賀晶〔熱帯〕/あきやまみみこ/ 北之内直人〔(裸)ミチコイスタンブール〕/秋山想[TBプラネット]
政岡泰志[動物電気]/井内勇希[パラドックス定数]/本井博之/荒威ばる[劇団ジェット花子]

◆熱帯◎カジュアルVol.2.5 『スクラッチ ツアーズ』◆
2016年10月13日(木)・15日(土)・16日(日)
作・演出 黒川麻衣
出演 金沢涼恵/中村たかし[フロム・ニューヨーク]/豊田真吾[デス電所]/奥村香里[熱帯]
松尾マリヲ[ロリータ男爵]/月野木歩美[サモ・アリナンズ] /森田ガンツ[猫のホテル]
芳賀晶[熱帯]/北之内直人[(裸)ミチコイスタンブール]/荒威ばる[劇団ジェット花子]

カテゴリ: Mt.Fuji 92.2km

dee856eb.jpg
おじさん こんなに いっぱいせりふ おぼえたことなんか ないよ。
 
いい けいけんに なりました。ありがとう。
 
ふりかえれば………
 
車運転しながら、奥村さんにセリフの練習をつきあってもらったのが、
とても良い思い出です。
大変でしたけど、
 
でもね。
なんだか今回ので、おじさん、演劇熱に火がついて、
この歳から、お芝居をもういちどやりたくなってきちゃいました。
ただねえ。
ブランクが長いので素人同然なんですよ、ぼく。
こんなぼくと、最後までみなさん、お付き合いくださって
本当 ありがとう。
 
じゃ、最後の最後に共演してくれたみなさんに
お礼とメッセージを。
 
>直人さん
「こんど、肉喰いに行こう。そして(裸)ミチコイスタンブールはいつ出してくれるの?」
 
>井内さん
「ぼくもダンスしてみたい。で、パラドックス定数はいつ出してくれるの?」
 
>ばる
「おまえ。出せよ、劇団ジェット花子」
 
>泰志くん
「こんど、ふたりで飲も。武蔵境にいい店あるんだよ。で、11/26(土)、27(日)だっけ? 
動物電気のワークショップ。行くわ。」
 
>芳賀さん
「事務所の忘年会、行く? で、次の熱帯、俺、なんの役?」
 
>みみこさん
「仕事、がんばろ。いつか舞台たとう。でもとりあえず、……ぼくたち、たまった仕事やろう」
 
 
>演出家黒川さま
「ありがとう。本当にありがとう。またね。またやるよ!……10年後ぐらい??」
 
 
>そして最後に本井さん
「本井さん。……本井さんは……あっ、これ、本、借りっぱなしだ。こんど返す。
で、本井さんとは……大日本プロレス一緒に観にいこう!!!」
 
みなさん、どうもありがとうございました。
 
誰も誘ってくんなかったら、しょうがないからひとりで劇団作るわ。
 
蝶のように舞い、蜂のように刺す劇団作って、各劇団に挑戦状叩きつけるわ。
誰がいちばんエンゲキマンか、決めればええんやっ! って挑戦状叩きつけるわ。
そんときはよろしくね。
 
そういうことで
 
ばいばい。またいつか。


一週間
経ちました。

公演が終わると心の整理、身体の整理、生活の整理、などなど
非常に時間がかかるタイプでして
走っているときは夢中で走りますけれど
ふと止まったり、歩いたりすると次に走り出すまでかなりの時間を必要とします。
切り替えが不得意であり
基本的に怠け者なのです


それだけ悔いなく全力でやったのだから、充電する時間は必要だ
とも言い訳するものの
本当にそんなに100%努力したのか?全てを捧げてしぼり尽くしたのか
という自問自答、自責
も起きてくるわけです。


今回の公演を振り返りますと
再演
というのが、とても難しかったなと

前回とは少し違う自分
もっといい演技
ゼロから作りながら100を目指す作業ではなく、60くらいはすでにある中で120を目指す
ということの難しさ

自分の欲と自分の発想の乏しさとの葛藤の日々でした。


自分の変化ばかり気にして稽古序盤はいましたが
他の役者さんと稽古したり話したりしているうちに、楽しくなってきまして
自分のこととかどうでもいいというと言い過ぎですけど

ああ。また自分のことばかり書いてますね


公演の時に富士山が見えることがなくて残念でしたけど、天気が良い日が続いて本当に良かったと思っています。

今回出演していただいた方に、終演してすぐTシャツのモデルをやっていただいたり
上手く回せない司会でのアフタートークを盛り上げていただいたり
もろもろ、たくさん、いろいろ
お願いするばかりで

本当に感謝しています

2e98d257.jpg

8cfbc139.jpg


「Mt.Fuji 92.2km」をご覧いただきました皆様、本当にありがとうございました。
翌日からバタバタしてて、なんだか終わった感慨にふける暇が無かったのですがようやくジンワリと感じてきました。

写真は最終日のおじさんツアーズの様子です。

フジ⇒スクラッチ⇒フジ
という3ステージの日で、昼公演を終えた後は別チームの本番の為フジチームは劇場の外に出ざるを得ません。
そこで、政岡さん・本井さんと一緒に、学芸大学までたこ焼きを食べに行こう!となったのですが、それだけでは収まらず、かなりの広範囲に渡って散歩(もはや冒険に近い)をすることに。

クラスカから見える富士山側の象徴的な鉄塔の真下を通り、学芸大学商店街を終点まで。
向こうに森っぽいのが見えるぞ!と言ってみたのが碑文谷公園でした。

あー、ここで最近事件あったよね…とか話しながら、既に日常を取り戻した家族連れで賑わう公園内を巡って、明らかに病気のノラ猫を横目に、別のノラ猫を観察したり。
なんか堆肥の匂い…動物がいるっ!ってみたら子供向けのポニー教室が開催されているのを発見。曲乗りを披露する小学生女子の写真を撮ろうとする本井さんを、通報されちゃうから!と止めたり。(←3人とも普通にスゲーってなって写真撮りたかったんだけれどもね。ほら。いろいろとあるから)
帰り道は絶対に地図を見ずに裏道限定で帰るという謎ルールのもと、時間と戦いつつドキドキしながら千秋楽の待つ劇場まで帰りました。

芝居の根幹でもある今を取り巻く現代日本のかたち。

30~40代おじさん3人で練り歩いてみて、図らずもその一端を探訪したような、少しだけ視界の開けた時間でした。

事件報道された公園も、身近な人には大切な憩いの場でありそこに根付く生活がある。
成人男性が公共の場で少しでも変な行動をとれば通報され事案と呼ばれネットで拡散される。(が為に、昔は考えもしなかった防御本能が働く)等々。

ネガティヴな事だけではなく、なんだか上手く言えないけど、今!日本!というモヤッとした感覚を改めて感じられたのかもしれません。そんなおじさんツアーズでした。

最後に。時に厳しく根気強く演出してくださった麻衣さん、素敵な共演者の皆様、スタッフの皆様、なにより観に来て下さった全てのお客様に感謝致します。

井内でした。

e2f98612.jpg
『Mt.Fuji 92.2km』『スクラッチ ツアーズ』お越しくださった皆さま、ありがとうございました。
同時に二つの作品に出演すると言う事、そして10日間14ステージと言うステージ数は普段「いかに楽をして生きていくか」と言うような思想と共に寝て起きて食べて寝るだけの生活送っていた私にとってはまさに無謀な挑戦で「アタシ若いしなんとかなると思ってたけど、なんとかならないっしょ」と過去の自分と軽い口論になったりしながら、周りの方々に支えられ、何とか無事に終演を迎える事が出来きました。

今回『Mt.Fuji 92.2km』で演じさせていただいた元ガールズバー店員の芽木さん。私はあなたのせいで約二ヶ月もの間「この世で一番ガールズバー感の無い女は私かもしれない」と言うよく分からない理由で悩んでいました。自分とは正反対とも取れる女性を演じさせていただき、最初苦手だった芽木さんを、最後は少しだけ好きになる事が出来たように思います。

芽木さん。いい加減カツラを外して素の自分で勝負したらどうですか?あと、ガールズバーあがりのアラサー女子が中肉中背の成人男性をハンガーやホウキを振り回して「ギャフン」と言わせる事は、多分不可能だと思います。怒ってるのは分かりますけど、もう少し冷静になって良く考えてほしいです。

芽木さんと口喧嘩したい、だんだんそんな気持ちになってきました。


優しくて面白くてカッコイイ共演者の皆さま。ゆとり世代に頭の先まで浸かった私を笑顔で受け入れてくださり、本当にありがとうございました。皆さんが「ばる」と呼んでくれた数だけ、嬉しい気持ちになりました!

そして麻衣さん、最後まで呆れずに面倒を見てくださり、本当に本当にありがとうございました。芽木さんを演じている時にいただいた「根暗な子供みたいになってるよ」と言うアドバイス、一生忘れません!

あと、『スクラッチ ツアーズ』で私が演じさせていただいた編集者の桃井さんを見て言った「アフリカ人が出て来たのかと思ったよ」と言う本井さんの謎のコメント、あれはどう言う意味ですか?

写真は、別れ際にフワッと抱き合う秋山相さんと政岡泰志さん。やさしい顔!

a4950f23.jpg


この写真薄っすら富士山写ってる!
Mt.Fuji&スクラッチツアーズ終了致しました!
観劇頂いた皆様、御協力頂いた皆様
本当に本当にありがとうございました。
戦場の様にハードな毎日で
私は最終日に風邪を引いたり
飲み会でサボっていたり
人の話を聞かなかったりと
迷惑ばかりお掛けしてしまいましたが
今こうして生還出来たのはひとえに
黒川さんをはじめとした熱帯の方々や
競演者の諸先輩方、井内君、バルちゃんをはじめとしたジェット花子の皆様のおかげでございます。
この経験を無駄にしない様にこれからはしっかり生きようと思いはしましたが
取り敢えず風邪が治るまではゴロゴロしようと思います。
北之内直人でした!