5b53df19.jpg
終わりました…
いまナゾの筋肉痛に襲われています。
あきやまみみこです。

今回公演のブログの最初に、一年前のアボカドの成長のことを書いたのですが、
それとは別のアボカドが、今回知らないうちに芽を伸ばしていました。
根はずっと前からはってるんですが、
芽はいきなり出て、いきなり成長するんです。
ある朝ビックリがやってくるんですね。

ほのかに嬉しいのとそんなに時間が経ったんだという浦島感で、いま遠い目になっています。

ちなみにうちのアボカドは、いまその2つのみです。むやみに増やしてません。大丈夫です。
いや、自分も新たな芽が出たら良いなぁ、ってね。まぁそんなことです。

今回『Mt.Fuji 92.2km』は2回目の公演ということで、
私も人生で2回目の演劇出演をさせていただきました。
初演の時もそうでしたが、作・演出の麻衣さんには、手取り足取り教えて頂いて、本当にお世話になりました。
また共演者の皆さまにもきっとご迷惑おかけした事と思いますが、皆さん親切に接して下さって、麻衣さんや共演者の皆さま無しにはとても舞台に立てませんでした。感謝しています。

また、2回目の紅川真夜子をどんな人にしようか、というのも楽しみの1つでした。
ちょうど髪が伸びてたので、麻衣さんとご相談して思い切ってパーマにしました。
フラッパーとかソバージュとかいう類いの、バブリーなヤツです。
メイクも80年代引きずる感じに、眉を太くするのに頑張りました。
外国に漠然と憧れがある、ちょっと浅はかなアラフォー(アラフィフ?)を目指しました。
自分だけで生きてたら、一生触れることのなかったセンスで一瞬だけでも生きられて、
また初演とは違う感じでできて、愉しかったです。

写真では分かりづらいですが、ネイルは公演中の麻衣さんと同じものをお借りして付けさせてもらいました。
ほとんど麻衣さんと同年代の真夜子という役は、私とも同年代で、
その年代の女性の、可笑しみ、悲しみ、世間での生き辛さは、正直良く分かります。
そんな気持ちをネイルにも込めてみました。

さて、明日からはこの髪型をどうしようかと、
それがまぁ目下の悩みですかね。

最後になりましたが、お越し頂いたお客様、応援頂いた皆さま、
本当にどうもありがとうございましたー!!

オリンピックが開催される頃、私はまたこの作品を思い出すことと思います。
「日本が一番なんだって!」
(ブルブル)