Mt.Fuji92.2km ツアーズ

熱帯◎カジュアル『Mt.Fuji 92.2km』&『スクラッチ ツアーズ』の稽古場ブログです

◆熱帯◎カジュアルVol.2  『Mt.Fuji 92.2km 』◆
2016年10月8日(土)~16日(日) 
作・演出 黒川麻衣
出演  芳賀晶〔熱帯〕/あきやまみみこ/ 北之内直人〔(裸)ミチコイスタンブール〕/秋山想[TBプラネット]
政岡泰志[動物電気]/井内勇希[パラドックス定数]/本井博之/荒威ばる[劇団ジェット花子]

◆熱帯◎カジュアルVol.2.5 『スクラッチ ツアーズ』◆
2016年10月13日(木)・15日(土)・16日(日)
作・演出 黒川麻衣
出演 金沢涼恵/中村たかし[フロム・ニューヨーク]/豊田真吾[デス電所]/奥村香里[熱帯]
松尾マリヲ[ロリータ男爵]/月野木歩美[サモ・アリナンズ] /森田ガンツ[猫のホテル]
芳賀晶[熱帯]/北之内直人[(裸)ミチコイスタンブール]/荒威ばる[劇団ジェット花子]


どうも、金沢涼恵です。

先週、久しぶりにCLASKAに行ってみたり、寂しくなってスクラッチツアーズのメンバーに会ったりして、公演を振り返ってました。

あっという間に終わって、幻のような公演でした。

改めてご来場いただきまして、ありがとうございました。

私、もうすぐ39歳になるのですが、こんなに今の年齢が色濃く出ている役は初めてでした。

お芝居なのに自分のことのようで(笑)

今回演じたキリコのセリフには「若い頃は〜」や「若いくせに〜」とか、若いという言葉がよく出てきまして、こういうことを言うのは、もう若くない人ですよね。
稽古をしながら、そっか、私、ほんとうに若くないんだなーと思いました(笑)

若いというのは何歳くらいまでのことをいうのでしょうね。

とはいえスクラッチツアーズの座組では真ん中よりちょっと若めだった私。

尊敬する先輩方の胸を借りてお芝居できて、とても嬉しかったです。

輝いている先輩を見て私もあんな風になりたいと思いました。

年齢を重ねたからこそ、演じられる役をやりたいという思いがますます強くなりました。

同世代のキリコを演じられて、幸せです。

そしてキリコを演じられたのは、お世話になりましたスタッフ、キャスト、劇団員、ギャラリー、関係者の皆さまのおかげです。
移動シュミレーションや追加の稽古に付き合っていただいたり、急に必要になった小道具を用意していただいたり、他にもたくさんお力をいただきました。
この場をかりてお礼を申し上げます。
私にとって節目になる舞台になりました。
本当にありがとうございました。

これからも精進します!


写真は先週の飲んだ時のもの。
あぁ、また会いたいなぁ。
スクラッチツアーズ仲良し!!

dee856eb.jpg
おじさん こんなに いっぱいせりふ おぼえたことなんか ないよ。
 
いい けいけんに なりました。ありがとう。
 
ふりかえれば………
 
車運転しながら、奥村さんにセリフの練習をつきあってもらったのが、
とても良い思い出です。
大変でしたけど、
 
でもね。
なんだか今回ので、おじさん、演劇熱に火がついて、
この歳から、お芝居をもういちどやりたくなってきちゃいました。
ただねえ。
ブランクが長いので素人同然なんですよ、ぼく。
こんなぼくと、最後までみなさん、お付き合いくださって
本当 ありがとう。
 
じゃ、最後の最後に共演してくれたみなさんに
お礼とメッセージを。
 
>直人さん
「こんど、肉喰いに行こう。そして(裸)ミチコイスタンブールはいつ出してくれるの?」
 
>井内さん
「ぼくもダンスしてみたい。で、パラドックス定数はいつ出してくれるの?」
 
>ばる
「おまえ。出せよ、劇団ジェット花子」
 
>泰志くん
「こんど、ふたりで飲も。武蔵境にいい店あるんだよ。で、11/26(土)、27(日)だっけ? 
動物電気のワークショップ。行くわ。」
 
>芳賀さん
「事務所の忘年会、行く? で、次の熱帯、俺、なんの役?」
 
>みみこさん
「仕事、がんばろ。いつか舞台たとう。でもとりあえず、……ぼくたち、たまった仕事やろう」
 
 
>演出家黒川さま
「ありがとう。本当にありがとう。またね。またやるよ!……10年後ぐらい??」
 
 
>そして最後に本井さん
「本井さん。……本井さんは……あっ、これ、本、借りっぱなしだ。こんど返す。
で、本井さんとは……大日本プロレス一緒に観にいこう!!!」
 
みなさん、どうもありがとうございました。
 
誰も誘ってくんなかったら、しょうがないからひとりで劇団作るわ。
 
蝶のように舞い、蜂のように刺す劇団作って、各劇団に挑戦状叩きつけるわ。
誰がいちばんエンゲキマンか、決めればええんやっ! って挑戦状叩きつけるわ。
そんときはよろしくね。
 
そういうことで
 
ばいばい。またいつか。


14769728.jpg
『スクラッチツアーズ終了しました』って、言うことは日常生活で言うと『昨日、ガスの元栓閉め忘れました』って言うのとそれほど違いはないようにみなさんは感じるかもしれないですけど、役者からしてみれば、大違いですよ。
だって、考えてもみてください。
会社で朝「おはよう!」のあと、いきなり「昨日、ガスの元栓閉め忘れました」って言われたら、「え?…ああ、そう…。気をつけてね」としか答えようがないけど、「おはよう!」のあと、「スクラッチツアーズ終了しました」って言われたら、「あ!行けなくてごめんね」とか「楽しかったよ。あ!あなたお芝居の途中で台詞忘れてたでしょ?」ってことになるでしょ?
もちろん、これは役者目線の話ですよ。
お客さん目線、さらには「スクラッチツアーズって何?」って言う人が、朝「おはよう!」のあとに「スクラッチツアーズ終了しました」って言ったら、「え?」ですよ。これはもう自信をもって言えますよ。「え?」って聞き返されます。100パーセント。
つまり、わかりやすく言わせてもらえるなら、「スクラッチツアーズ終了しました」って言えるのは、自分がこの芝居に役者として出ていたからで、今の自分はある意味「スクラッチツアーズ終了しました」って言っていい権利を手に入れたと言っても良いのです。
ただ、お客さん目線の「スクラッチツアーズ終了しましたね」については、またいつか、別の機会にあらためてゆっくり話してみたいと思います。
そして、自分のなかにある「昨日、ガスの元栓閉め忘れました」を見つめ直す意味で、今日は本(写真)を買いました。
俺がこの本を読むかどうか、それはみなさんの想像におまかせします。
公演を観にきてくれたみなさん、気にかけてくれたみなさん、どうもありがとうございました!
スクラッチツアーズは終了してます!